新しいスタイル

立った女性の全身

現在、30代40代の男性の間で、新しい半纏の楽しみ方などが非常に流行っています。本来半纏と言うものは、江戸時代に職人さんなどが着ていたものです。火消しや、左官職人などが好んで半纏を着ていました。今でも植木職人さんなどで、伝統的な庭に入る人などは半纏を着ていることがよくあります。また最近では祭りなどで半纏を着ていることもあると思います。なかなかきたいと思ってみても着る機会がないのが半纏だと思いますが、最近30代40代のサラリーマンが新橋なので飲みに行く時、六尺ふんどしをしめて半纏を羽織ってお酒を飲むと言う夏場だけの期間限定の飲み屋などが非常に流行っています。もちろん男性だけですので、恥ずかしい事はなく、むしろ男性だからこそ、そのようなコスプレ的楽しみが味わえるのです。

現在では、30代40代のサラリーマンを中心に新橋等の飲み屋で半纏を羽織り、その下は6尺ふんどしなどだけ飲むと言う飲み屋がはやっています。これらの飲み屋に行きたい場合は、インターネットなどで検索してお店を見つけていくと良いでしょう。また普段はこのような店も通常の営業をしており金曜日は土曜日などイベントの時だけ、このような物を開催してますので、お店のホームページをチェックしてみるのが良いでしょう。また褌の締め方などがわからない人は、お店のマスターなどが締め方を教えてくれますし、様々な半纏が用意されていますので、スーツを脱いで祭り気分を味わことができます。料金も、通常の飲み屋に比べてほとんど変わることなく、ふんどしや半纏やのレンタルもありますし、販売もしています。