昔からの防寒着

和服の男性

寒い冬を暖かく過ごそうとすると、現代では暖房を入れたりストーブやファンヒーターなどの電気機器による暖房器具があります。しかし、空気が乾燥してしまって風邪を引きやすくなりますし、電気代もばかになりません。お金の節約にもなって地球にも優しい方法といえば、衣類で防寒することです。昔ながらの半纏は暖かさが満点で、着心地が軽いというメリットがあります。寒さから体を守ってくれて体温を一定に保ち、吸湿性や通気性にも優れいてます。また、綿などが入っているため、衝撃を和らげる作用を持っていて、ぶつかったりしても、怪我をしにくいというメリットがあります。このように、半纏は昔の方の知恵が詰まった防寒着で、とても機能的に作られています。

ウォームビズなどが実践されているように、エコの精神が一般の方へも広がってきています。冬場に体を温めるものとして、湯たんぽや着る毛布などが流行しているように、半纏が見直されてきています。昔ながらの防寒着の半纏も、現代風に変化していて、カラフルでかわいいデザインのものも増えています。また、素材にも機能的なものが使われていて、詰め物にも綿以外のものが使用されていたりと、半纏のよさを残して発展してきています。体温を逃がさずしっかりと体を温めてくれて、軽さや着心地も考えられているので、長時間着ていても負担にならないという利点があります。空気の層が暖かさを作ってくれるので、ぽかぽか効果を得ることができます。