昔からの防寒着


    半纏は暖かく、着心地が軽いというメリットがあります。寒さから体を守り吸湿性や通気性も優れています。衝撃を和らげる機能があるのでぶつかってもケガしにくいことから多くの人に利用されています。

Read more

新しいスタイル


    最近は、新橋等の飲み屋で半纏を羽織り、その下は6尺ふんどしなどだけ飲むと言う飲み屋が出てきました。30代40代のサラリーマンを中心に人気があります。コスプレ的な感覚で楽しむことができます。

Read more

半纏の歴史


    和装の部屋着としての半纏を考察。半纏の様々な仕様や季節に応じた着用方法などを説明。また、その歴史を紐解いて、その沿革や成り立ちについて解説。庶民の和装としての半纏の魅力についての長い歴史と伝統を語る。

Read more

半纏の手入れ

スマホを持つ和服の女性
  • 一生に一度の成人式は可愛い振袖を大阪でレンタルできるお店をこちらのサイトから探しませんか?好みの振袖が見つかりますよ。
  • 和服の一種である半纏は、おもに江戸時代あたりから現在まで、年齢や性別に関係なく日本人に愛用されています。冬に着用する綿の入ったものが一般的ですが、他にも袖がないねこ半纏や、丈が長いどてらなどもあります。そんな半纏は、江戸時代に羽織のかわりに庶民が愛用していました。そして時代が流れた現在でも、洋服の上に羽織るのに便利として利用されています。そんな半纏ですが、洗濯する際にはクリーニングに出すのが一番です。しかし最近の半纏は洗濯機で洗うことが可能なものもありますし、揉まないで押し洗いをするという方法もあります。また洗濯せずとも、時折陰干しをするだけでも中の綿がふっくらします。半纏はルームウェアとしての着用頻度は高いので、お手入れをちゃんと行い、綺麗な状態を保って着用しましょう。

    綿入れ半纏は暖かくて着やすいので、寒い冬場ではとても重宝します。身体を締め付けることもなく、ゆったり着ることのできる半纏。綿が入っているので肩や背中が暖かく、袖は広いので手を入れて温めることも可能です。また着用していなくても、夜に布団の上にかければ、毛布のかわりにもなるのです。このように半纏はとても温かいので暖房費用の節約になりますし、動きやすくて着やすいので、ルームウェアにはまさに最適です。また最近ではそのデザインもファッション性に優れたものが登場しており、シンプルなものから可愛いものまで、さまざまなデザインがあります。このように暖かくて着やすい半纏は、とても冬場にふさわしい和服だと言えるでしょう。